会社情報

代表挨拶

イオン技研は溶媒和電子の伝達者としてお役立ちしたい

イオン技研の誕生は、私がフライ帝王との出会いとその半導体から作られる溶媒和電子の不思議な魅力に心が動かされ、いつの間にか虜になってしまった結果です。この新技術の生みの親は発明家であり化学者の苅野仁さんです。ヨウバイワデンシ・?いったい何なの・・?電子が酸化を還元する・・?そんな馬鹿な・?電子が食材本来の味を引き出す・・?何で味覚に電子が・・??毎日毎日お客様からいやというほど聞かされる言葉はいつもこんな会話でした。

それから、15年経った今では国内でも大変大量な台数をユーザー様に御採用頂きました。現在はこの溶媒和電子の応用技術による、省エネ装置やバッテリー再生技術や他の新技術製品が色々と育ってきましたので、国内だけでなく海外へも展開を始めました。溶媒和電子は安全、安心であり、この高分子半導体という新技術の御蔭で簡単な製造装置で安定的に再現性確実に作る事が可能になりました。

イオン技研は溶媒和電子の伝道者として日々この新技術を世界中の方々に知って戴き応用技術製品を利用する事で地球環境を少しでも改善できるお役に立ちたいと願っています。皆様にはまだまだ聞き慣れない言葉でしょうが、食、油、エネルギー、環境等々は勿論ですが、こんな事で困っているけど・?こんなものを作りたいけど・?どうぞ、お気軽にご相談頂ければ幸いです。電子のようなこんな小さな会社ですが、皆様からのご相談が新技術を育てる大きな力になりますので宜しくお願い致します。

代表取締役竹内広海

会社情報

商号 有限会社 イオン技研
会社設立 2002/12/12
代表取締役 竹内 広海
所在地
  • 本社:〒175‐0083 東京都板橋区徳丸1-18-1-902
  • 東京営業所&テストキッチン:〒121‐0061 東京都足立区花畑4-30-5京豊エンジニアリング(株)ビル1F
取引銀行 みずほ銀行 駒込支店
主要営業品目 フライ帝王・リヴァゲイン・ソルベジェル・純粋マイナスイオン水と製造装置

開発者

(有)イオン化学の代表でありフライ帝王を始めとした溶媒和電子発生装置の高分子半導体の発明者です。「溶媒和電子」とは古くから知られている化学種の一種で、従来より様々な調整法により発生が確認されてきました。

(1)金属元素の利用(2)電気化学的還元(3)無機塩類の利用等。しかしながら、従来法により発生される溶媒和電子は、非常に短寿命であり、私達の生活に利用する事は出来ませんでした。

イオン半導体による「安定化溶媒和電子」の特徴は従来法による激しい化学反応とは違い、水をはじめとする極性溶媒中に、イオン半導体を用いてゆっくりと電子を溶媒和させて調整されるため、とても安定した化学種となります。

そのため、長期保存や流通が可能となり、電子が本来持つ還元力や抗酸化作用を、様々な分野で利用する事ができる様になりました。

有限会社イオン化学代表取締役苅野仁

  • (有)イオン技研
  • 〒121-0061
    東京都足立区花畑4-30-5
    京豊エンジニアリング株式会社ビル1F
  • TEL:03-6906-7558
  • FAX:03-6700-1793
  • 電車でお越しの場合
    東武伊勢崎線竹ノ塚東口を出て、1番花畑団地行き(竹15 保木間仲町経由)に乗車。
    「団地入口」で下車。バス停のすぐ目の前です。
    ※竹16系統は林松寺経由のバスも花畑団地行きですが、「団地入口」は通りませんのでご注意ください。